セイマニTシャツ > ブログ


チャリティーTシャツについて

スヌーミン

おひさしぶりですセイマニです。

スヌーミンマンガ017、先日更新しました。
地震、津波、原発、不安で眠れぬ日々で疲れたんで、
マンガ書いてみました。その結果がこれだよ。

 

新作 PRAY for japan Tシャツ 出ました。
pray for japan PLAYコムデギャルソンのパクリです。

これはチャリティーTシャツではないです。
チャリティーグッズにしなかった理由は以下に記しました。
だんだん何書いてるかわかんなくなってきたけど、
とりあえず載っけました。

要は、募金が目的で買うんであれば、
チャリティーグッズ買うのをやめて、
その金額を直接自分の手で募金したほうが、
よりたくさんのお金が募金されていいと思います。

 

当初は「チャリティーTシャツ作ろう!それが今の自分に出来ることだ!」と安易に思ったんですが、よく考えてみました。
今まで、チャリティーグッズに対して、何か違和感を感じるとゆうか、何か納得いかない部分があって、
それは、「大なり小なりピンハネしてるんだろう?」とゆう思いでした。

それで、「ピンハネしないで、純利益の全て、もしくは商品代金全てを募金すればいいだろ!」と思ったんですが、それでも、チャリティーTシャツを作ってみるか!と改めて考えたとき、ピンハネしなくてもチャリティーグッズは間違ってるなと。

 

単純な話なんですが、
そのチャリティーグッズを買わないで、
その金額を丸々募金したほうがいい。
そっちのほうがより多くの金額を募金出来ると気づきました。

理想論、仮に単純な計算として、
お客さんが3000円のチャリティーグッズ買って、お店が3000円の募金をする、
でも商品の原価1000円はお店が負担している。
それであれば、お客さんが3000円直接募金する、お店はチャリティーグッズ作らないで、
原価分1000円を直接募金する、実質4000円の募金になる。

 

ピンハネしてなくても、チャリティーグッズってのは、
結局、お店のイメージアップ、売上げアップにすぎない。
被災者のための募金が第一に思えるけど、それは二の次で。

まぁしかし、地震起きてから当店は何も売れてない。
(2011/3/24現在。その後売れるようになりました。)
俗にいう経済が回ってないとゆう状態でしょうか。
「チャリティー」ってついてないと、売れないんだろうか。
経済回すって意味では、チャリティーグッズはありか。

それと、チャリティーグッズのメリットとして、
募金してない人、する予定のない人が、
「チャリティーだから買うわー」ってことで、
結果的に少しでも多く募金されるのは効率いいし、この点はいいと思う。
人気キャラ、有名ブランド、など大手がやれば効果は凄まじい。
僕も好きなキャラとかブランドなら「チャリティー抜きにしても買うしかねー!」となる。

 

しかし、「別に欲しくなかったけど、チャリティーだから買った! お店、ブランドの心意気に賛同してチャリティーグッズ買った! チャリティーグッズ買ったから、もう募金することないわ!いいことした!」ってのは間違ってる。もっとベストを尽くせる。
チャリティーグッズ買わないでその金額を丸々募金したほうがいい。
純粋にその商品が欲しいんならいいけど、安易にチャリティーグッズ買うのはどうかと思う。
売るほうも、よかれと思って安易に作って売るのはどうかと思う。
もし、ピンハネ目的だったら上記の限りではないし、詐欺だろう。

 

既存の商品の売上の一部を募金ならいい、災害に便乗して、わざわざクソみたいなチャリティーグッズを作って売るってはヘドが出る。
かっこいいならまだマシだと思うけど、クソみたいなデザインのグッズが、「チャリティーだから買うわー!」ってことで、売上げが伸びるのは、人の中途半端な善意を利用した商売にすぎない。デザインの力ではない。
(それでいいならいいけど、俺は絶対にいやだ。)

 

そもそも、募金と商売を結びつけるのがおかしい。
募金は募金、商売は商売、と分けるべきだし、分かれてたんだろう。
でも、僕が募金するとなった場合、結局はセイマニの売上から募金してることになるわけだから、「売上の一部を募金します」と同じか。

 

あと、募金するにあたって、募金の窓口が多すぎる。
「こちらで集まった募金は後日まとめて日本赤十字社に募金します!」だったら、「日本赤十字社に募金しよう!」って案内すればいいだろ。
ピンハネしたいだけじゃねえか。久本雅美とかクズだなと思った。
上地雄輔もなんなんだ、こいつ何言ってるんだ?
大好きなドラえもんの名を使ったドラえもん募金も許さない、
アグネスも許さない。

 




[11.03.24]

» ブログ一覧