セイマニTシャツ > かなまら祭りレポート2007


かなまら祭り2007 レポート 後編

 < 2007前編  かなまら祭りレポートトップ

 

 かなまらふんどし
 すごいふんどし姿のおやじを発見!

 

 かなまらふんどし
 ふんどしが尻の割れ目に食い込んで、下半身全裸に見えた。

 

 かなまらふんどし
 一見すると下半身丸出しに見える。祭りじゃなかったら現行犯逮捕の可能性も?

 

 かなまら かなまら
 境内には男根がたくさん。左画像の、とんがった部分が何なのか、気になる次第だ。
 右画像のように、記念撮影する人がたくさんいた。

 

 かなまら かなまら
 すごい黒光りだ!間近で見る男根は大迫力。僕です。
 右画像を見て気付いたことは、僕の左手親指が、無意識ながら尿道口を刺激していた。

 

 かなまら かなまら
 左画像、おかめと男根が合体。買おうと思ったけど、やめた。
 右画像、男根の湯呑み。これも買うのをやめた。その隣には何故か、セサミストリートの器が。

 

 かなまら
 交通安全のお守り。全長50センチぐらい。男根と交通安全は関係ないと思われる。
 勃起した状態での運転は、 注意力散漫になり、大変危険だ。

 

 かなまら
 ついに登場!最後に登場したのは エリザベス神輿!もっとも大きい男根だ。
 エリザベス神輿の登場で、会場の人々は再爆発。 感動した。

 

 かなまら
 カリ、裏筋も忠実に再現されていた。 手前の男性頭部に巻かれた手ぬぐい、
 四十八手がプリントされていて、境内の屋台にて販売されていた。
 屋台には他にも、男根の形をした飴など、男根をモチーフにしたものが、たくさんあった。
 残念ながら、写真などに納めなかったのが悔やまれる。今年の反省点。

 

 かなまら
 エリザベス神輿をかつぐ人たちは、全員ニューハーフ?
 「マラマラ~♪ でっかいマラ~♪」 の掛け声とともに! 一週間ぐらい耳から離れなかった

 

 かなまら
 拡大図

 

 かなまら
 カリがでかい。 男根に巻かれている縄のそれは、勃起力、持続力を高めるリングにも見える。

 

 かなまら
 人がいっぱいだ!

 

 かなまら
 道のど真ん中を男根様のお通りだ!

 

 かなまら
 - かなまら祭り2007を終えて -
  人の多さ、熱気、興奮、そのすべてが想像以上だった。日頃のストレスが発散され、
  とても楽しかった。会場に居たみんなも同じ気持ちだったと思う。まさにお祭り気分。
  神輿の行列で満足して帰ってしまったけど、おそらく、大根削り(大根を削り、
  神前に供える男形、女形を作ります)とゆうイベントもやっていたと思われ、
  それに参加すればよかったと、今になって思う。来年は是非参加したい。

 

 < 2007前編  かなまら祭りレポートトップ